bf(ビーエフ)キレイ

2021/01/28 09:00

ビタミンB 12と聞いても、その働きを知らない方が多いのではありませんか。

実は、私たちの健康維持に大きく貢献しているビタミンですので、この機会にぜひ覚えてくださいね。

 

ビタミンB 12は、造血のビタミンとも呼ばれるほど貧血に効果的。貧血による、肌のくすみや乾燥など、肌トラブルの予防に役立ちます。

 

神経系の機能維持の働きもあり、ストレスや不規則な生活などで乱れた睡眠リズムを整える働きがあるとされています。睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは皮膚の新陳代謝を促し、たんぱく質の代謝や修復を助ける働きを助ける働きもありますので、日中肌が受けたダメージの回復のためにも、ビタミンB 12は大事な栄養素です。

肩こりにもよく、最近ではスマートフォンやパソコンによる疲れ目の改善にも役立つともいわれています。

 

ビタミンの名はついても動物性食品のみに含まれ、食物性食品にはほとんど含まれていませんので、ダイエットなどを意識しすぎて動物性食品をあまり食べない、野菜中心の食事をしているなどの方は不足してしまいます。

 

b f (ビーエフ)の材料オージー・ビーフには、ビタミンB 12が豊富に含まれていて、

100gで1日に必要な摂取量の約67を補うことができます。

動物性食品に多く含まれていると先にお話しましたが、オージー・ビーフは豚肉の5倍以上、鶏肉の8倍も含んでいます。

さらに、キレイ栄養素のうちたんぱく質含有量はほとんど変わらないのに、オージー・ビーフの鉄分は豚肉の約3倍、鶏肉の約9倍、亜鉛は豚肉の約2倍、鶏肉の約6倍も含んでいますから、脂肪分が断然少なくて糖質ゼロのオージー・ビーフは健康でキレイを目指すには女性のみなさんの力強い味方になります。

 

週2回のb f インナーメイクメソッドを継続して、いつでも笑顔が生まれる日々を目指しませんか♪

 

※『日本人の食事摂取基準』2020年版、オージー・ビーフ:もも肉、豚肉:もも赤身肉、鶏肉:胸肉皮なし